• トップ
  • > 松代そばとは?:松代そば善屋のそば歳時記

松代そばとは? 善屋のそば歳時記

長月(九月)の歳時記 お九日=おくにち
  陰暦九月九日は陽数の九が重なるゆえ、
重陽とも重九とも呼び、江戸時代には五節供の一つだった。
山梨県南都留(みなみつる)郡忍野(おしの)村では、
八日の晩そばを作り、九日は、
「お九日」(オクンチとも)といって、
朝は赤飯を炊き神棚に供える。
これは完全に節句の行事で、
元来供(く)日(にち)の意だったのが九日に転訛したのだろう。
長野県木曽郡開田村では、九日はどんなに忙しくても、
新ソバを粉に挽いてそばを打ちをする。
神仏に供えてから、家中で食べる。
お九日は、重陽の日を秋の収穫祭りの日とする風から、
尊んでいったものである。
東日本では九月九日のほか、
十九日・二十九日をもオクンチという。
東北ではこの三度のお九日を総称して三九日(さんくにち)、
関東では三九日(みくにち)などという。
三回のお九日を区別して、
初(初手)九日、中九日、終(しま)い九日などと呼ぶ。
(後略)

そば歳時記 新島 繁(中公文庫P198~199)



松代そば善屋のそば歳時記 TOPへ