• トップ
  • > 松代そばとは?:松代そば善屋のそば歳時記

松代そばとは? 善屋のそば歳時記

水無月(六月)の歳時記 祇園会=ぎおんえ
  陰暦六月は、全国に数多い祇園様、
天王(牛頭天王)さんの祭りの月である。
本社である京都の八坂神社(東山区祇園町)の祭礼は、
六月七日から一四日までだったが、
改暦後は七月十七日から二十四日まで行われ、
現在は七月一日から二十九日となっている。
清和天皇の貞観(じょうかん)十一年(869)に疫病が大流行した時
これを鎮めるために行った祇園御霊会が起源であるという。
八坂神社末社は、天王社の名で勧請されているものが多い。
(中略)
農村における祇園会は八坂神社の祭礼と異なり素朴なもので、
陰暦六月十五日前後の水神祭をふつう祇園といい、
疫病退散を祈願する。
福島県耶麻郡西会津町新郷、山梨県東八代郡芦川村・南巨摩郡身延町、京都府北桑田郡美山(みやま)町では、
牛頭天王の祇園会にそばを食べる。
愛知県豊田市高岡では、素鵝(そが)神社に胡瓜を上げ、
家族・叔(伯)父母・烏帽子親にそば粉を贈る。

「そば歳時記」新島 繁(中公文庫:P155~157)


松代そば善屋のそば歳時記 TOPへ